忍者ブログ
様々なニュースを出来るだけ詳しくお知らせします。
AdminRes
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

福田改造内閣が発足してからわずか1カ月。国会を一度も開くことなく、首相は政権を投げ出した。就任したばかりの新閣僚たちは、トップの辞任表明から一夜明けた2日午前、閣議後の記者会見で「残念」「残りの任務を果たすだけ」と落胆の表情を見せた。一方、衆院選をほぼ1年以内に控え、自公両党の国会議員や地方組織には、首相が相次いで政権運営を放棄した影響への不安が広がる。

 「大変、驚くばかり。どういうご判断だったかは総理の判断」

 8月2日の就任直後から、自らの発言や事務所費問題への釈明に追われた太田農林水産相は、福田首相の退陣表明の感想を短く語った。

 自身の責任については、「総理のみが知ること。私が言うべきじゃない」と一言。多くを語らなかった。

 閣議後の記者会見は、この日がわずかに7回目。このうち、3、4回目は、食の安全対策について「消費者がやかましいから徹底していく」としたテレビ番組での発言の弁明に追われた。5、6回目は、新たに浮上した事務所費問題に質問が集中した。「農水大臣でなくても農水に貢献できる。そういう気持ちでやっていきたい」と未練もにじませた。

 改造内閣は、安倍政権の閣僚を引き継ぐ形で政権発足させた福田首相が、初めてつくった「自前の内閣」だった。

 力を入れた一つは、消費者行政を一元化する消費者庁の創設。野田消費者行政担当相は「ゴール目前と言いますか、法案もほぼできあがり、予算なども順調に進んでいくなか、発案者はまさに福田総理だったので非常に無念」と言った。

 今期限りでの政界引退を決めながら、初入閣を果たした鈴木文部科学相は「驚愕(きょうがく)の一語に尽きます」。就任時には「来年度の予算編成に向けた作業で、私の力量が試されると思っている」と意気込みを見せていたが、トップが辞任し、先行きは不透明に。「職務はこれまで以上に励まなければならないのは当然。そこは微動だにしておりません」


除霊の方法
白にきび 原因|治療|スキンケア
PR

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
フリーエリア

カテゴリー
リンク